中絶ーあなたはどう思いますか

中絶、その行為をどう見るかは育った環境やその人の価値観に大いに依存しているでしょう。

もし自分が妊娠していることに気づいた時、その事実をどう受け取るか。

例えば命は尊く、貴重なもの又は贈り物と考えるならその行為に至ることを留まるはずです。

逆に、望まない妊娠をしてしまった場合本人にとってその命は予想外の出来事であり、不安になったり自分にはまだ子供を育てる準備ができていない、もしくは扶養できるほどの経済能力がないと考えるなら中絶を選ぶかもしれません。
2007年に世界的な規模で行われた調査によると、2003年には世界で4,200万人が妊娠の状態をやめる手術を行ったと推定されます。

こだわりの高い東京の中絶について調べるなら、こちらをご覧ください。

現実としてその決定をしている人は相当の数に上ることがわかります。

中絶を行なう女性の人種や国籍や収入などの背景はさまざまです。

年齢層も,思春期から更年期まで幅があります。なぜこれほど多くの人がその決定を下すのか。


ある女性は妊娠中の具合がずっと悪く、難産を終えたばかりの状況でした。

金銭的な面や家庭内のストレスもたくさん抱えていたようです。
そんな中、出産してから6週間後に再び妊娠したことがわかり、自分はこの子を産まないことにするという決定を下しました。



またある女性は相手の男性との関係が悪くなったことが原因でした。しかし多くの女性はその決定を下した後に後悔の念を感じるということがアメリカで行われた調査から明らかになっています。
その調査によると80%の方がその処置について罪悪感を感じたということです。


つまりその決定を下した女性に何らかの精神的ダメージを与えるものであることが理解できます。



これまで考えてきたことから中絶という決定をするかどうかを悩んでいる方、あるいはその決定をするかどうかを見守っている家族や友人の方は中絶に関して真剣にかつ、慎重に考える必要があるでしょう。